Dlsiteにてbl漫画を販売中!

クソ暑い中での京都観光を決行

観光
スポンサーリンク

夜の特別拝観に釣られ、混みだす前のお盆前にささっと
京都へ行ってきました。

お盆前と言っても、夏休みであることに変わりなく
夜行バスで行ったんですが、バスの中は満席状態だった..。

暗闇の中、スマホをいじり倒したり、荷物を運転手に預けず
バカでかいバックパックを床に置き通路を塞ぐ小太りのオッサン
など
春先に乗車した時の雰囲気とは大違い。

36℃や37℃などの恐ろしい猛暑続きの中、一人京都観光は始まりました。

直前に目的地を色々変更し、極力歩かずにすむようにしたり
涼しい山の方へ行くことにしました。

本当に、暑かった..。

最初の目的地は鞍馬寺です。

鞍馬寺は本殿まで行き、無理をせずケーブルカーで再び下りました。

魔王殿までいけばいいのに、もったいない..とか言わんでください。

山でも暑いし、登るし、体力の温存を第一に考えないと
ぶっ倒れる危険性もあるんで。

今回鞍馬寺に来たのは、最近個人的にブームになってる、泥洪水の跡を見に行くためでした。

マッドッフラッドといわれているもので、全文明の建築物が泥に埋まっているとか。

動画で拝見し、何だかものすごく見たくなりました。

確かに、山の山頂にこんなの何であるんだろう..

両サイド、山に埋まってる。

ここも、動画で紹介されていた場所でしたので、まったく同じものを肉眼で
確認できたのは嬉しかったです。

午後は、南禅寺へ。

正直、バス降りてからの徒歩は死ぬほどきつかったです..。

炎天下にマスクは、ダメです死にますよ。

すでに目的地に着いた頃は、汗がやばかった。

で、南禅寺に来た目的。

もちろん水路閣です。

お寺より、水路閣の方が古いような感じです。

浴衣着て写真撮ってるカップルも多かった。

庭園などの見どころも多かったのですが、もう体が限界で
木陰で水分を取り休んだりしたのですが、立ち上がる際二度も大きな立ち眩みに
襲われ、本気でヤバイと感じました。

欲張らずに、本当に見たいものだけをピンポイントで見ることに。

最後の力を振り絞り、山門へ。

山門の中には、たくさんの人形、もとい仏像さんがいました。

先に山門にいた60代くらいの?夫婦が、一番いい絶景ポイントが見える場所に
先に座り込んでいて、全然どいてくれなかった..。

山門へと昇る階段は、人間用とは思えないくらい急で、手すりの他、手綱も設置されてました。

泥洪水の事は、歴史でも習う事はなく、たまたま何かの画像検索や動画で上がってきて
知りました。

鵜呑みにするのは良くない、とは思うけれど
別にこの話を他人に押し付けるわけではないんだし、個人の判断で見て回るには問題ないかと
思いました。

一般大衆って、思ってる以上に
色々騙されているのかもしれませんね..。

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」

身体が限界でしたので、タクシーを使ったのですが
運転手のオッチャンがかなりクセの強い人で、乗車した後の行き先のやり取りに
非常に疲れました。

大阪の人間が、京都にコロナ持ち込んでるんだ的な事を言ってました。

京都人は、大阪人が嫌いな人が多いのかな?

そして何とか無事にホテルに着きました。

キッチンと洗濯機付きのホテルに泊まりましたが、とても良かったです。

汗だくの服を、すぐ洗えるし。

幹線道路に近い分、次から次へと通る救急車のサイレンが結構気になりました。

夜は、高台寺へ。

高台寺の夜の特別拝観は、前から気になっててやっと行けた。

動画もあったんですが、最大サイズとやらが超えてるとかで貼れませんでした。

一日目はここで終わりです。

泥洪水の記事や動画を拝見してからの京都観光になりましたので
何だか京都の印象も違って見えました。

いつもと違う目線で観光できたというのは、新鮮でした。



お名前.com

ロリポップ!なら大人気のWordpressも簡単インストール!
あなたもWordPressでブログデビューしちゃおう!!

映画化・実写化・アニメ化で話題のマンガを読める 【Amebaマンガ】

観光
スポンサーリンク
あおはちをフォローする
アオカハチ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました